スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君のためなら千回でも」07年

「君のためなら千回でも」07年
このジャケットからは想像もつかない壮絶な人生と深い友情の作品です。
513BW1838HL__SL500_AA300_.jpg
70年代のアフガニスタン。
資産家の息子アミール(エブラヒミ)は召使の子と共に兄弟のように育った。
だが、悲しい事件を機に2人には溝ができ、さらにソ連軍侵攻によりアミールは米国へ亡命。
20年後、アミール(アブダラ)に祖国から手紙が届く。
無償の友情の尊さを、子役の自然な演技と繊細な心理描写でつづる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

天気予報
Twitter
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
タイドグラフ
プロフィール

DJ Monchi

Author:DJ Monchi
兵庫県明石市出身。
中学校の放送委員の時に「人に音楽を聴かせる喜び」を覚える。
17歳の時にターンテーブルを購入し、その後神戸にて「THC CROWN」のDJとして参加。
20歳に単身東京へ移住後、様々なジャンルのイベントへ参加。
HIP HOPのフィルターを通した土臭い選曲でオーディエンス、著名アーティストの心を掴むと、2003年には自身集大成的なイベント
「COMPILATION」を旗揚げする。
その後も様々なイベントやアーティストから影響を受けジャンルの幅を広げる。
2010年からは、茅ヶ崎に移り住みサーフィン三昧の生活を送りながら、茅ヶ崎駅南口から徒歩5分にある古道具のお店「CIRCUS」さんの奧のスペース「Penguin Coffee Orchestra」と言うカフェで「近魚寿司」と言う屋号で寿司ランチを出させて頂きました。
2012年からは、地元への愛が大きく膨らみ神戸、明石に戻ってきました。

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。